Periorbital Puffiness

目の下にできるクマは、下まぶたの血管の損傷によって引き起こされます。下まぶたに影が形成され、これが暗い円となって現れます。

赤外線治療やLED光線療法は、目の周りの腫れを抑える効果があることが証明されています。 体による新たな皮膚細胞とコラーゲンの生成を促し、目の周りの皮膚をより滑らかにします。

青色光線療法もまた、目の下のクマに働きかけることができ、これは皮膚細胞の活性化を助け、お肌が老化の諸症状と戦うために使用するエラスチンを増加させます。

Avologiの医療機器は光に基づいた治療法により、目の周りの腫れを軽減します。Eneo各種ラインナップには、青色光線療法と赤色光線療法の組み合わせが採用されています。Avologiの医療機器はFDAの規則を遵守し、非侵襲的でありながら、初回使用時から効果を発揮します。

科学的データ

関連製品

以下の機器は目の周りの腫れに対して使用することができます。

Eneoクラシック

Eneoアドバンスド

Eneoアイコンセントレータ

Renelif Classic

Renelif Gold

Renelif Jewlery

WordPress Image Lightbox
X